[[Ethna]]
#setlinebreak(on)
Windows環境で一人で作業するための手順です。
チーム開発の場合は、1つのサーバーを共有するなどの課題があり、もう一工夫が必要です。

** Apache PHP MySQLなどのインストール [#j9a7eeb4]
+ Apache,MySQL,PHP,Perlなどをインストールする必要があります。
-- しかし、1つずつは面倒なので、ここは適当に [[XAMPP>http://www.apachefriends.org/jp/xampp.html]] などで済ませます。
--- XAMPPはクロスプラットフォーム、アパッチ、マイエスキューエル、ピーエッチピー、パールの省略形という噂を聞いたことがあります。
-- XAMPP for Windowsの「インストーラー形式」をダウンロードして、インストールしてください。
+ XAMPP Control Panelからサービスを起動します。
-- インストール直後は(特に指示はされないのですが、)一旦PCを再起動してください。
-- 最低限、ApacheとMySQLがServiceでRunningであることを確認します。
-- もし、Serviceチェックボックスが操作できない場合は、一旦アプリを終了し、管理者として起動しなおしてください。&br;&ref(xampp_cp.png,nolink,70%,XAMPPコントロールパネル);
+ 最後に、ブラウザで http://localhost/ にアクセスし、ちゃんと動いていることを確認します。

** pearにパスを通す [#zda1813e]
このあと、Ethnaをインストールするのですが、Ethnaのインストールにはpearを使います。
ですから、pearが起動できるようにパスを設定します。
- もしxamppをインストールしたなら、c:\xampp\php に通す必要がありますね。
-- わからない人用・・・[[./パスの通し方]]
- パスを追加したら、コンピューターの再起動を行って、このページに戻ってきてください。
- コマンドプロンプトから ''pear'' と打ってエラーがなければOK。
 >pear
- ついでに upgrade-all もしておきます。
 >pear upgrade-all

** Ethnaのインストール [#keb97873]
*** pearからのインストール [#ueea1d5d]
先に述べたとおり、Ethnaはpearを使ってインストールします。
コマンドプロンプトを管理者権限で起動し、以下の3つのコマンドを1行ずつ実行してください。

 >pear channel-discover pear.ethna.jp
 >pear update-channels
 >pear install -a ethna/ethna

*** GitHubからのインストール [#l2e3aec6]

// + [[GitHub Windows>https://windows.github.com/]]をインストールします。
+ [[Git for Windows>http://msysgit.github.io/]]をインストールします。
+ [[COMPOSER>https://getcomposer.org/]]をインストールします。
+ コマンドプロンプトを開き、以下のように入力します。


(書きかけ)



- インストールが完了したら、コマンドプロンプトから ethna -v と打って反応があればOK。

 >ethna -v

- 細かいことは http://ethna.jp/ethna-download.html を参照してください。

- それか、 https://github.com/ethna/ethna こことか。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS