#setlinebreak(on)
コンピュータにおいて、スペースの前および後の位置での自動的な改行(行の折り返し)を防ぐ特殊なスペースとして「ハードスペース」というものがあります。
ノーブレークスペースとも呼ばれるらしいですが、自分はハードスペースの呼び方の方が好きです。

:Microsoft Wordでの入力方法|
&size(20){&color(#000,#fee){''[Ctrl]+[Shift]+[スペース]を押下''};};

固有名詞に含まれるスペースで改行してしまうと、
「みっともない」とか「失礼」のように見られる場合がありますので、そのような場合に使うようです。

:その他での入力方法|
&size(20){&color(#000,#fee){''[Alt]を押下しながらテンキーの[0][1][6][0]を押下し、[Alt]を離す''};};
:|Microsoft PowePoint などではこちらの方法ですね。
:|テンキーの無いノートパソコンなどでは、NumLockキーを押し、MJOM(0160)と入力でいけるようです。
:|NumLockがないPCは・・・Wordで入力してコピペでしょうか。

固有名詞に含まれるスペースで改行してしまうと、
「みっともない」とか「失礼」のように見られる場合がありますので、そのような場合に使うようです。

** 例 [#r16ac0e2]

下の例では、最初にハードスペースを使用して、次に通常のスペースを使用しています。
ハードスペースを使うと Microsoft と Word の間にスペースがあっても行送りによる分割が発生していませんね。

&ref(hardspacesample.png,nolink,ハードスペースの例);

** その他 [#m046c234]

- ちなみに、HTMLでは&color(#000,#fee){ };と書くようです。HTMLを書く人以外は関係なさそうですが。
-- もしくは&color(#000,#fee){ };もしくは&color(#000,#fee){ };でも良いようです。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS