Ultimaker Curaで 3Dconnection Space Mouseを使う


RawMouseはCuraのプラグインであるが、Ultimaker公式のマーケットプレースには公開されておらず、そこで探しても出てこない。そこで以下からダウンロードし、直接プラグインフォルダに放り込む必要がある。

https://github.com/smartavionics/RawMouse/releases/tag/1.1.0

Source code (zip) となっているリンクからファイルをダウンロードして解凍し、中からRawMouseフォルダをCuraのプラグインフォルダに移動するとインストールは完了する。
移動先のプラグインフォルダはCuraの “Help”> “Show Configlation Folder”を選ぶとエクスプローラが開き、その中で “plugins”フォルダを見つけることができる。
(例: C:\Users\YourName\AppData\Roaming\cura\4.9\plugins )

メニューの"Help"から"Show Configlation folder”を選択します。

フォルダをコピーしたあとは、Curaが起動している場合は終了し、再起動する必要がある。

プラグインが正しくロードされているならば、Cura上で “Extensions”> “RawMouse”というメニューが選択できるようになっている。Space Mouseでの操作も既に可能になっているはず。

方向を逆転したい

触ってすぐにわかるが、Fusion360など他のソフトと操作方向がすべて逆になっている。3DconnectionのユーティリティーでCura用プロファイルを作成して反転設定すれば良いかと思ったが、その設定では修正できなかった。
そこで、RawMouseプラグイン側の設定を修正する。

Curaプラグインフォルダ内、RawMouseフォルダの中に config.json というファイルがある。あらかじめバックアップを取ったうえで編集する。

"profiles" : {
  "spacemouse" : {
    "axes" : [
      { "offset": 0.0, "scale": 0.1, "threshold": 0.01, "target": "movx" },
      { "offset": 0.0, "scale": 100.0, "threshold": 1.0, "target": "zoom" },
      { "offset": 0.0, "scale": 0.1, "threshold": 0.01, "target": "movy" },
      { "offset": 0.0, "scale": 0.05 , "threshold": 0.01, "target": "rotpitch" },
      { "offset": 0.0, "scale": 0.05, "threshold": 0.01, "target": "rotroll" },
      { "offset": 0.0, "scale": -0.1, "threshold": 0.01, "target": "rotyaw" }
    ],

すべての軸の”scale”に設定されている値の正負を反転する。マイナスが付いていれば取り、マイナスが無いものには付ける。
ファイルを上書き保存してエディタを閉じ、Culaの “Extensions”> ”RawMouse”> ”Restart”を選択すると設定が反映される。