Cura 5.1.0


Cura 5.1.0 がリリースされたので入れてみた。まだ感想を持てるほど使っていないが、とりあえず何が更新されたのかをメモっておく。感想は後日追記予定。

What’s New

今すぐメタルプリントを始めましょう
Ultimaker Curaに複数の新機能が追加され、金属FFF材料での印刷が可能になりました。これらの機能は、新しいMetal Expansion Kitと一緒に使用することで、シンプルで手頃な価格のメタルプリントを解除することができます。詳しくは、無料のUltimaker Academyコースで学んでください。

セグメント解像度の向上と表面品質の改善
ファームウェアバージョン7.0.3以上のS-lineプリンターをお使いのお客様向けに、解像度のアルゴリズムを改善しました。これにより、滑らかな形状は最大2倍のセグメントで印刷され、より滑らかな表面と全体的な表面品質が改善されます。

Ultimakerサポート材使用時のサポートの改善
Ultimaker PVAおよびUltimaker Breakawayサポート材で印刷するサポートの速度と品質の両方を改善し、印刷の高速化、サポート構造の信頼性向上、サポートされている印刷部分の表面品質の改善を実現しました。これらの新しいサポート構造を使用した場合のプリント時間は、最大で20%速くなる可能性があります。また、新しいサポートの形状により、特にUltimaker PVA Removal Stationを使用する場合、PVAサポートをより簡単に溶解することができます。

スライスプロセスの合理化
広範なユーザーテストを経て、インテント プロファイルを使用するマテリアルのスライス プロセスを、可能な限り直感的でわかりやすいものに変更しました。どのインテント プロファイルとレイヤーの高さを使用するかを、わかりやすい2つの選択肢に分離しました。

3MFプロジェクトファイルは、必要なものを知っている
Ultimaker Marketplaceで利用可能な250以上のマテリアルのいずれかを使用しながら、他のユーザーとコラボレーションすることがこれまで以上に簡単になりました。現在インストールされていない材料プロファイルを使用する3MFプロジェクトファイルを読み込むと、不足しているプロファイルをダウンロードしてインストールするよう促されます。

その他の改善

ツールパスの簡略化アルゴリズムの改善

印刷の解像度を下げるアルゴリズムを書き換え、より一定の解像度で、バッファ不足を起こさずに高精度を実現できるようになりました。

壁の向きを変更するオプションの追加

レイヤーと隣接する壁面の印刷方向を交互にすることで、印刷の反りを軽減するオプションを追加しました。

コーミング境界の調整による傷の軽減

モデル内部を通過する移動は、可能な限りモデルから距離を取りながら、狭い部分を後退せずに移動できるように調整されました。

移動動作の加速度とジャークコマンドの削減

移動動作の加速度およびジャークコマンドを無効にするオプションが追加されました。無効にすると、移動先の印刷された部分の加速度が適用されます。これにより、ファイルサイズとバッファの不足が大幅に削減されます。

プロジェクトファイルに必要なパッケージが表示されるようになりました

新しく作成されたプロジェクトファイルには、Ultimaker Marketplaceから必要なパッケージが保存されるようになりました。プロジェクトがそこから材料を必要とする場合、ユーザーはそれをダウンロードするよう促されます。

更に細かい新機能と改善点

  • 推奨モードでの印刷プロファイルを選択するためのインターフェイスが再設計されました。
  • MacOS 用にマルチスレッドスライスを実装し、他のオペレーティングシステムと同レベルにしました。
  • Cura がツールパスをデジタル ファクトリのプロジェクト ファイルにリンクするようになりました。
  • Linux での STL ファイル読み込みのパフォーマンスが向上しました。
  • マーケットプレイスからのパッケージにインテント プロファイルを含めることができるようになりました。
  • Cura のリリースをより簡単かつ迅速にビルドするために、アプリケーションで Conan を多用するようになりました。
  • 開始および終了 g-code は、置換キーで現在アクティブなプロファイルを参照できるようになりました。
  • 新旧両方の Linux ディストリビューションとの適切な互換性を提供するために、このリリースには 2 つの Linux ビルドが含まれています。

バグフィックス

  • 設定が破損した場合に、設定をリセットするように修正しました。
  • モノトニックオーダーがトップサーフェスで再び機能するようになりました。
  • Remove Raft Inside Corners が必ずしもすべてのコーナーを削除しないバグを修正。
  • ツールバーの高さが高すぎてフィットしない場合の位置を修正。
  • 推奨モードのインテントが、説明を再び表示するようになりました。
  • Remove Inside Corners と Raft Base Wall Count は、印刷全体に影響しますが、エクストルーダごとに変更できるようになりました。
  • ヘッダに特殊文字が含まれる STL ファイルを開く際の不具合を修正しました。
  • 新しい Linux ディストリビューションでの起動時のクラッシュを修正しました。
  • 一部のレイヤに異なるエクストルーダを使用していかだを印刷する際のプライミングを修正しました。
  • 内壁がモデルの外側を突き抜けてしまうケースを修正しました。
  • ダークモードのカラーリングの詳細を一部改善。
  • プラグインのアンインストール時に発生することがあるエラーを修正。
  • MacOSでのポップアップダイアログのレンダリングに関する問題を修正。
  • 変更の破棄または保持ダイアログに古い設定値が表示される問題を修正。
  • 水平スケーリング収縮補正は、ビルドボリュームのサイズを調整しなくなり、ビルドプレートのフルサイズを使用できるようになりました。
  • 薄い帯状のインフィルを使用して段階的インフィルを使用した場合のはみ出しの修正。
  • ファイル ヘッダに特殊文字が含まれる STL ファイルを開く際の不具合を修正。
  • ランダム化インフィル開始]を使用すると、スライスに失敗する場合がある問題を修正。
  • カスタム マテリアルでクラウド プリンタを使用する場合に、マテリアルをプリンタと同期するためのリマインダーを復元します。
  • モニタ ステージでツール バーが表示されないようになりました。
  • マテリアルをエクスポートすると、Cura に知られていない設定も保持されるようになりました。

プリンター定義、プロファイル、マテリアル関連

  • PVA 用のプロファイルを改善し、Ultimaker プリンタをサポートしました。
  • Voron の引き込み速度と引き込み距離を調整しました。
  • Ender 3 Proのエクストルーダーとビルドプレートを同時に加熱します。
  • 新しいTough PLA カラーを追加しました。
  • Ultimakerプリンター用のDD0.4プリントコアを追加しました。
  • MakerGear M2 プリンタを追加しました。
  • Trimarker Nebula Plus プリンタを追加しました。
  • 様々な小さなプロファイルの改善

既知の重大な問題(未解決)

  • シームの配置が以前のリリースより散漫になりました。
  • 以前のリリースではきちんとサポートされていた細かいパーツで、サポートが欠けることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。